副業の為の時間を捻出する9つの方法

スポンサーリンク

時間管理術は副業を成功させる上で最も大切なスキルの一つです。

副業をしたいのに、本業が忙しくて、なかなかできないという方は多いのではないでしょうか?

本業の時間を削らず、副業へさく時間を増やすためにはちょっとしたコツが必要です。

この記事では、忙しいし本業をしながらも効率的に副業をされている方の実際の経験をもとに、副業の時間を捻出する9つの方法をまとめました。

勤務先の上司や同僚へ副業をやっている事を話す

副業禁止なのにもかかわらず副業している人は例外ですが、意外にも本業関係の人に副業やっていることを伝えることは重要です。

世の中の企業が副業解禁をしている中で、副業している従業員は自身のスキルアップなどに熱心な人ということで、業務外の急な雑務や、極度の仕事量を押し付けられる可能性は低くなるかもしれません。

ランチ休憩や通勤時間を有効活用する

通勤時間やランチタイムのちょっと隙間時間を、副業のメールのやり取りやアイディア出しの時間に使いましょう。

今ではスマホ一台あれば大体の事は出来てしまいます。メールの返信から、SNSの発信、文章作成まで、ちょっとした時間でも積もれば結構な時間量になります。

副業の時間もスケジュールで管理する

本業とは別の副業は、空いた時間にしようとする方も多いかも知れません。

しかし、副業の時間も、どんなに小さくともしっかりと本業同様スケジュールに落とし込むべきです。

そうすると、やるべきことが可視化でき、目的が明確化し、効率的な業務が遂行できます。

ポイントはどんなに小さな時間でも、しっかりとスケジュール帳に書き込む事です。

夕飯は作り置きしておく

本業を昼間にやられている方は副業する時間は主に平日の夜になるかと思います。

夕飯を週のはじめの週末などに、夕飯を作りしておくと、夕飯を作る時間が減り、帰宅後もより多く副業の為の時間を確保出来ます。

本業終了後すぐに副業作業をする

本業を終えて、帰宅し、夕飯を食べて、お風呂に入って、などなど本業を終えてから時間をおけばおくほど副業の作業を開始できるハードルが上がっていきます。

体と脳はリラックスモードに入り、やる気もなくなってくるでしょう。

本業のあとすぐに、副業の作業を帰宅途中のカフェなどで行えば、自宅に戻れば”本当の休息”にその日は入ることが出来ます。

不得意なことは外注する

もし副業で自身のホームページや、アプリなどが必要である場合、自分ひとりでやることはかなり非効率な時間の使い方です。

自身が不得意なことは、外注などで得意な方に任せて本来自身がやるべき業務に集中するべきです。

ブログでの副業をはじめた人の中には、ブログのデザインや構成などを整えるのに何ヶ月もかけている人もいますが、そういったのは外注で頼んでしまったほうが遥かに早く結果を出せます。

「ながら時間」を増やす

歩いている時や、掃除をしている時、お風呂に入っている時など、特に難しい事を考えなくて出来る作業をしている時は、なるべく副業の事を考える時間を当てましょう。

副業の新しいアイディアや、ストーリー、収益化の作戦など考えるべきことは沢山あります。事実いいアイディアは体を動かしている時に浮かぶことも多く、物事を考えるにはオススメの時間です。

自動投稿機能などの自動ツールを活用する

本業をやっている平日の日中は副業が出来ないので、副業ビジネスはとまってしまいますが、今ではブログなどの自動投稿や予約投稿機能があります。今話題のチャットボットなども簡単に実装出来るサービスも整っています。

平日の日中はそういった機能を有効活用して、常に世の中に対してアクティブであることをアピールしましょう。

WordPressなどのアドインの中には過去の記事を、FacebookやTwitterでランダムに自動投稿するものなどもありますので、是非活用しましょう。

Social Networks Auto-Poster

副業仲間を見つける

自分とおなじような副業活動している人と定期的に情報共有することは、副業効率化の為に大変オススメです。

お互いの弱点を補強できるコラボなどが出来るかもしれませんし、有益な方法やノウハウの情報共有も出来ます。

そしてなりより、モチベーションアップにも繋がりやる気も出てきます。