実績がなくても仕事を任せたい副業Webライターの特徴とは?

スポンサーリンク

本業の傍ら副業としてライティングをされている方はよくお聞きします。特にウェブライティングは場所や時間を選ばず、かつランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイト経由した案件も多いことから、多くの副業検討者が挑戦できる副業です。

しかし、いざそういったサイトに登録したものの、実績がなくなかなか案件が受注できない、その道のプロにいつも仕事を取られてしまっている、なんてこともよくあるのでしょうか?

今回は、私自身もよくライターさんにライティングを頼んでいる経験から、そこまで実績がなくともついつい頼みたくなってしまう副業ライターさんの特徴をご紹介させて頂きます。

本業・経験の専門知識をアピールしているライター

プロのライターの方は、経験もスキルもありその道のプロなので、副業でライティングをしている人が同じ文章作成能力をすぐに身につけるのは難しいでしょう。

しかし、副業ライターだからこそできる、本業の専門知識や過去の経験は大きなアドバンテージです。

今までのスキルや経験を大きくアピールして、「○○の専門知識があるライター」は実際の実体験があるので発注側から見ても大変魅力的です。

例えば、あるプログラミング関係のコンテンツ記事の作成をお願いしようと思った時、やはり実際にプログラマーであった方や、その知識と経験がある方にお願いしたほうが文章作成能力は素人でも、中身のある本当に役立つコンテンツ記事が作れます。

逆にいくらライターの経験が豊富で、素晴らしい文章をかけるライターさんでも、プログライミング知識がなければとても表面的な記事内容になってしまいます。

是非自分の専門知識を活かしたアピールを行うことでライターとしての経験と実績を積んで行きましょう。



SEOの知識があるライター

依頼者がライターに記事作成を依頼する場合、最終的な目的の殆が運営するメディアへのSEO対策としてのコンテンツ作成です。(※最近はコンテンツの質が重要になってきましたが、それさえも最終的な目的の一部にSEOがあります)

なので、文章を書く際にSEOの知識があるライターさんは、その方の文章能力よりも重視します。

キーワードの選定方法や、Hタグの知識、更には依頼する際に「どのようなキーワード流入の狙っているのか?」「コンバージョンは何なのか?」などの質問をしていただけるライターさんは大変心強いです。

Webライティングで副業を行う場合はそういったSEOの基礎知識はつけていると、案件を受注できる確率は高まるでしょう。また、そういった知識があるということもきちんとプロフィールなどでアピールしておくことも重要です。

提案の際に素案を提案してくれるライター

クラウドソーシングなどのサイトでライターさんを募集すると、中には簡単な記事の素案をご提案頂くライターさんもいらっしゃいます。簡単なタイトルと見出などを箇条書き列挙されている場合もありますが、数百文字ほどのサンプルまで書いた状態で提案されている方もいます。

もし、その素案に目を通しまさにこちら側が求めているものでしたら、実績などは気にせず即依頼をさせていただいております。

ただしサンプルとはいっても、中には依頼内容とは全く関係ない、毎回同じサンプル文章添付してご提案頂く方もありますが、他の案件にも同じ方法で提案していることがバレバレなのであまりお仕事はおまかせしたくない事があります。

サンプル記事や素案を添える事は、大変有効ですが、必ず提案内容となったものにするべきでしょう。