グリーフケアとして有効なダイヤモンドの葬儀って?

愛する家族やペットを亡くしたあとは、大きな喪失感に襲われることもしばしばあるでしょう。大家族や地域交流がさかんだった昔は、こうした心の傷も自然と緩和され日常に戻っていくことも可能でしたが、現代はひとりで悲しみに耐えることも多くなっています。そのときの対処法として、ダイヤモンドの葬儀などをはじめとするグリーフケアを行う人が増えています。

グリーフケアとは?

グリーフとケアとは、英語の「grief(グリーフ):災難や不幸による深い悲しみ、悲嘆」と「care(ケア):気配り、世話」が合わさった言葉です。

遺族にとって愛する人やペットの死は心的ショックが大きく、さらに自殺や犯罪などが絡めば複雑な心境となり、悲嘆の度合いは高まります。中には、大きな悲しみから心身ともに病んでしまうこともあるほどです。

このような悲しみに陥っている遺族に寄り添い、立ち直れるようサポートすることをグリーフケアと言います。

グリーフケアの方法

グリーフケアには、定まった方法はありません。その遺族の状況に合った適切なサポートをすることが大切です。例えば以下のようなグリーフケアの方法があります。

悲嘆を解放してもらう

人前で泣いてはいけない、悲嘆は我慢するものと考える人がいますが、悲しみは表現して解放することが重要。遺族に故人の話をしてもらったり、通夜や葬儀、法要などのときに故人を知る人たちで思い出を語り合ったりして、感情を吐き出せるようにサポートします。また、悲しみを受け止める存在になるのもグリーフケアとして効果的です。

思い出を心の拠りどころにしてもらう

故人の形見や思い出の品、墓などを精神的支えに悲しみを癒していく方法もあります。遺骨や遺灰、遺髪を加工したアクセサリーを身につけたり、ダイヤモンドの葬儀で知られる遺骨ダイヤモンドを作製して手元に置いたりなど、故人を常に身近に感じるのも深い悲しみを癒すのに効果的です。

ダイヤモンドの葬儀で喪失感や不安を癒す

昨今、グリーフケアにおけるダイヤモンドの葬儀の有益性に注目が集まり、ダイヤモンドの葬儀を心の支えとしてうまく活用すべきだという声が上がっています。

ダイヤモンドの葬儀は、日本の伝統的な儀式ではありませんが、近年葬儀や供養のスタイルが多様化し、さまざまな方法で故人を弔うようになってきていることから、注目度の高い新しいスタイルの供養方法です。ダイヤモンドの葬儀という手元供養で、遺骨や遺灰、遺髪に残る炭素で遺骨ダイヤモンドを作製し、故人を弔います。

ダイヤモンドの葬儀では、天然ダイヤモンドが生成される環境下で、人工的に遺骨ダイヤモンドを作製していきます。遺骨ダイヤモンドは人工でありながらも、輝きは故人の生前の輝きを彷彿させ、身近に置いておくことで、まるで故人がそばにいるかのような気持ちにさせてくれます。

また、遺骨ダイヤモンドをジュエリー加工して、アクセサリーとして身につければ、いつでもどこでも故人を近くに感じることができます。これは、愛する人やペットを失った悲しみから遺族を救うのに大きな役割を果たすでしょう。

そのため、ダイヤモンドの葬儀は、喪失感や不安を癒し、グリーフケアに最適な供養方法と言えます。

ダイヤモンドの葬儀で作製された遺骨ダイヤモンドは、世界で最も美しい弔い方法、供養スタイル、グリーフケアであると世界中の人から絶賛されています。

結論

愛する人やペットの死別の精神的なショックはとても大きく、ときには心身ともにダメージを受けることもあります。

そんなときに必要な行為がグリーフケア。グリーフケアには決まった方法はなく、悲しみを吐き出させたり、故人との思い出の品などを心の拠りどころとしたりして、悲しみを和らげていきます。

その中でも特に注目されているのは、遺骨や遺灰、遺髪からダイヤモンドを作製する「ダイヤモンドの葬儀」。大切な故人の輝きを身近で感じられるため、喪失による深い悲しみを癒す方法として、ダイヤモンドの葬儀の必要性が高まっています。