子育てパパ・ママ向け、在宅で出来る副業5選

スポンサーリンク

子育で家にいなければならない場合でも、副業は可能です。本日はそんな子育てに忙しいママ・パパでも出来る在宅副業5選をご紹介します。

小さなお子様がいる家庭では、本業に限らず、アルバイトなどの短時間の時間の拘束さえも難しいです。かと言って、お子さんが寝た後の深夜にアルバイトをするのも体力的に厳しいでしょう。

しかし完全に在宅でできる簡単な事務作業系副業は、低賃金で時間あたりの割にあわないものが多のも現実です。

下記にご紹介する在宅でも出来る副業5選は、子育てしながらでも出来る副業でもあり、将来大きなビジネスになりうる副業で、時間的な拘束力もなく、ビジネスとして大きくなるなる可能性がある副業5選です。

5つ全てが万人に可能なわけではないですが、是非とも自身の得意不得意と見つめ合いながらご参考にしてください。

[toc]

手芸品をインターネットで販売

もし手先が器用で小物などを作ることが好きな方であれば最適な副業となるでしょう。minne(ミンネ)
などのハンドメイド製品を売り買いできるウェブサイトでは、毎日様々な個人で作ったアクセサリーや雑貨が取引されています。

以前にご紹介した冬子さんも、平日はOLをしながら夜と週末のちょっとした時間で手作りアクセサリーを作って、月2万円ほど稼いでいます。

趣味のアクセサリー作りが副業|気かっけは知らない人からのSNS「いいね!」

中には副業でやっていた手芸品販売がうまくいき、起業する方も。うまく行けば将来大きなビジネスになりうる、在宅でできる副業です。

 

ブログ

そう簡単にいきなり稼ぐことは難しいですが、将来大きなビジネスとなりうるのがブログです。

自分の経験や知識、成功体験や失敗談などをブログを通してネットに発信することで多くの人が助かる事はあります。

それが見つけられればブログの閲覧者は増えていき、ブログ上で自分が作ったサービスや商品を売ることもできますし、アリフィエイトなどで広告収益なども生み出せる可能性があります。

本質はどれだけ人の役に立てて、来訪者が大きいブログが作れるかです。もし多くの閲覧数をコンスタントに生み出せることができれば、ブログは大きな収益をもたらしてくれる在宅副業でしょう。



 

保育ママ(家庭的保育事業)として開業

日本の保育士・保育園不足問題は深刻です。多くのご両親が働きたくとも、子供を預けられない事で就業を諦めていると言われています。

そんな背景で始まった「保育ママ」制度。子育ての経験があったり、保育士・看護師の免許があれば、2〜3歳未満の子供を有料で預けて面倒を見てあげることが可能です。※自治体によって制度が異なるので必ずお住まいの自治体情報をご参考ください。

収入としては子供一人あたり、保護者から数万円〜自治体から7~8万円出るので、中には月に数十万円稼いでる保育ママさんもいらっしゃいます。

子育て経験豊富な方や、上記の資格がある方は是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか?因みに「保育ママ」とありますが、男性も可能です。

※参考サイト:新しい保育のカタチ”保育ママ”として開業するためには?

 

子供用品ネット売買

お子さんがいれば、子供の為に買わなくては行けないものが沢山あります。しかしおもちゃも・服も・便利グッツも子供がスグに大きくなってしまうので、あっという間に必要でなくなってしまうことが多いです。つまり、それは市場での流通が活発であるということでもあります。

他の子供用品をできるだけ安く買いたい家族へ、自身が使ったおもちゃや服などを中古で販売すること出来ますし。子育て経験者として有益な情報を共に子供用品をネット転売することもできるでしょう。

そのための、Amazonやヤフオク、メルカリなど便利なウェブサイトは揃っています。実体験を活かした、子育て用具の専門セレクトショップをネット上に持つこともできます。

 

留学生のホストファミリー

毎年日本へくる留学生は沢山います。もし家にスペースが余っているなら、そのスペースを留学生の為に貸してみてはいかがでしょうか?

連携する大学などによっては、審査や書類などが必要になるかもしれませんが、留学生の選定などは教育機関がやってくれるパターンが多いです。

さらに毎月のお小遣い意外にも、異国文化や外国語が学べる事もできるメリット付き。自分の為にも、お子さんの為にも貴重な経験になることは間違いないでしょう。

 

さいごに

小さなお子さんがいる家庭であっても、上記のような在宅で副業をすることは可能です。在宅で、しかも時間の拘束もされず出来るので、子育に集中できます。ぜひ月々のお小遣いの為にも試して見てはいかがでしょうか?

その他SideHustlersでは様々な副業事例を、実際にしている人からインタビューなどを通して発信中です。ぜひフォローをお願いします!