副業で新しいスキルを取得|1日1~2時間で月4~5万円稼ぐライター&デザイナー

スポンサーリンク

副業には特別なスキルや経験が必要かと思われるかもしれないが、今回紹介するマナブさん(仮名)は副業をきっかけに、新しいスキルを身に着けて様々な副業ができるようになっている。

30代後半会社員のマナブさんがどのような副業をはじめ、どのようにスキルを高め、きっかけは何だったかなどを聞いてみた。

[toc]

きっかけはクラウドワークスで、今のクライアントとの出会い

本業ではデザイナーの仕事をされていたマナブさんだが、数年前から流行りでしたクラウドワークスなどのクラウドソーシングで簡単な文章作成の作業をしていた。

特にお客さんを会う必要もなく、好きな時間に在宅でできる仕事としてマナブさんには合っていたという。

数をこなしていくごとに、最初は簡単な文章作成作業をこなしていたが、ライティングという仕事にも興味を持ち始める。未経験では合ったものの、自分で勉強しながらや、簡単なライティング案件もクラウドワークで受注しながらどんどんとスキルと経験をつけていった。今では執筆もデザインもできる、ライター兼デザイナーという肩書で、クラウドワークスで出会ったクライアントから定期的なお仕事をもらっているという。

 

1日平均1~2時間程度の作業で月4~5万円

主に担当している執筆案件は地方情報誌やフリーペーパーなどが多いという。もともとクラウドワークスなどではネットのブログ記事などを担当していた頃からは経験を積み、今ではリアルの雑誌などを担当できるようになった。

ほぼ在宅での作業で、クライアント先に打合せで訪問するのは月に2回程度。案件の相談や原稿の受け渡しなどを行うという。

在宅での作業は一日1~2時間程度の作業で月に4~5万円を稼いでいる。仕事は好きな時に、好きな所でできる自由度が高い副業をマナブさんは気に入っている。

 

副業で新しいスキルを身に着け、本業へもいい効果が

もともとデザイン以外にもクリエイティブな仕事が好きだというマナブさん。現在副業でライターとして文章を書くことも、同じ何か新しいものを生み出すという意味では大変魅力的な仕事内容のようだ。

営業やITのように直接売上が上がったり、商品になるわけでは無いので、達成感は書き上げた時にしか味わえないが、多くの事を副業を通して学べているという。

多くのことに新しい発見があり知識になっているところにも魅力を感じます

それ以外にも、タイピングなどが早くなって本業に活かせたり、何より語彙力が上がったという。デザインの仕事でもサイトやバナーを作成する際に文章や文言を必要とするので、副業をする前よりそういった能力は確実に上達したと語った。



 

副業は新しいキャリアの最初の一歩となる

今回のマナブさんのように、本業とは違う職種や能力のスキルアップとして副業をしている人はたくさんいる。そこで得たスキルを本業に活かしたいと思っている方や、キャリアチェンジを希望しているが、まずはその能力を身につける為にやられている人が多い。

本業をやめて経済的なリスクを追いながら学校や訓練学校などに通うより、こういった副業を通した経験の方が圧倒的に早く・そして安く(むしろプラス)で新しいキャリアに挑戦できるのではないだろうか?

当サイトSideHustlersでは、そういったお金目的だけでない、将来独立やスキルアップ、やりがいを感じられる副業を、体験者のインタビューなどを参考にご紹介しています。

ぜひフォローお願いいたします。