【週末副業プログラマー】1日2時間で月10万円週末プログラマーYさん

スポンサーリンク

週末副業プログラマー、本業はプログラマーで企業に勤め、年齢は27歳男性Yさんの副業について本日はお話をききました。Yさんがやっている副業は最近増えてきている、自身でプログラミングの仕事を受注する副業です。本業の知識や経験を活かし、相乗効果を生みやすい副業でもあります。

しかし、現実はそう簡単にいかないようで、そのような苦労話などもYさんにお聞きしました。

週末にプログラマーで副業しようと思った経緯

運営:今の副業をはじめた経緯を教えて頂けますか?

Yさん:

副業を始めた経緯は、実は本業を辞めたいと思っていたからです。私は客先常駐のプログラマーだったのですが、プログラミングよりも書類整理や調査時間の方が長いのが実情です。そしてその結果残業が多い業界になっています。

私の場合プログラミングが大好きで、それだけをやっていたいというわけではないのですが、客先常駐のプログラマーを続けると精神的にも参ってました。また、人生の大部分の時間を取られるにもかかわらず、お金もたいしてたまらない実情に不安を抱えました。

そんな状況を打開するにも、今乱立しているフリーランスプログラマー仕事紹介用のサイト何個かに登録して、自身で仕事を受注するようになりました。

 

週末副業プログラマーの受注額はスキルによって変動。中には作業を海外へ外注する人も。

運営:具体的にその副業でどれくらい稼げるようになったのですか?

Yさん:

1日平均2時間程度で月額10万円程度です。スキルアップしていけばもっと稼げるでしょうし、実際副業で稼ぐプログラマーの人は思っている以上多いです。

私は比較的スキルが低いので、採れる案件も少なく、また取っても完成に時間が掛かります。スキルが高くてスピードも速い人は短時間でもっと稼いでいるでしょう。

私はやっていませんが、聞いた話では、受注した案件の一部を海外に外注している人もいます。そうすると安い人件費で稼ぐことが可能です。



 

副業趣味プログラマーでも自分で受注するには独学が不可欠

運営:その副業をやっていて、よかった事や難しかったことなどありましたか?

Yさん:

プログラマーは独学がメインです。業務で扱うプログラムに関しても結局は独学で技術を身に付ける必要があり、そうしなければ仕事ができなくなります。そんな常に新しいことを学び続ける勉強には苦労しました。

IT業界は残業が多いですが、スキル不足の問題もあるのです。実際私もそういった形で残業が長期化した経験は数多くあります。本来なら完成するところをわからないがために帰れないということです。

しかし、逆の意味では、副業でも常に勉強しながら本業でも開発することになるので、本業と副業の相乗効果は実感しています。

わたしは、CodeCampのようなオンラインプログラミング講座を受けて新しい、スキルやエンジニアリング技術を高めたいました。

オンラインでできるので、休日・週末や平日のちょっとした時間にできるのもいいですね。

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp

 

やる気さえあれば誰でも週末副業プログラマーは可能

運営:プログラミングに限らず、これから自分の力だけで稼いでいこうとしている人にも、副業としてのプログラミングをおすすめしますか?

Yさん:

本業がプログラマーの人には言うまでもないのですが、他の業種の人であってもプログラミングはパソコン一台あれば学習が可能です。今では様々な便利な本や、講座、サイトなどがあり、やる気さえあれば誰でも学べてしまいます。

スキルがそこまで高くない私でも月10万円は稼げてます。時間に余裕のある人はプログラミングの解説動画を見て実際にコーディングし、そこから仕事を受注しても良いかと思います。

今では週末副業プログラマーからデータサイエンティストに転身

最近最もセクシーな職としられ、将来深刻な人材不足が予想されているとされるデータサイエンティスト。

結構プログラマーと相性がよく、実施に元プログラマーの方がデータサイエンティストに転身され活躍しているケースも多いです。

普通のプラグラマーではモノ足りない!という方はぜひデータサイエンティストを目指してみてもいかがでしょうか?年収アップも期待できる可能性が高いです。

もちろん働きながらスキルや経験を身につけるこのも可能です。今では無料講座もされており、一度どんな仕事かなど見て見るもの良いかもしれません。