個人外車輸入代行の副業で効率的に月20万円稼ぐTさん

スポンサーリンク

本日お話を聞いたTさんは、本業はライターとして、主に旅行関係に関する記事を書いています。33歳サラリーマンです。

現在副業として、自動車(外車)の輸入代行をしています。輸入代行とは日本国内で販売店からほしい車の依頼を受け、アメリカなどの販売店や業者とのやり取りを日本の販売店に変わりやり取りをします。

一見ハードルが高そうな車の輸入代行ですが、Tさんがどのようなきっかけで、どのような業務をされているのかをお話し聞きました。

[toc]

きっかけは外車中古販売店に勤める友人から

運営:どのようなきっかけで外車の輸入代行という副業をはじめたのですか?

Tさん:

本業も軌道にのっていますがどうしても空いた時間もできてしまいもったいないと感じました。私がもともと自動車が好きということで、その気持ちを生かした副業をしたいというのが一番の理由でした。

また国内での外国車需要もあり、私が英語の翻訳や会話も出来るほうだったのと外車中古車販売店に知り合いもいたため輸入の仲介を始めました。

失敗もいくつかありました。現車を確認できない場合の輸入時に頂いたデータと違う車両が日本に来た場合や、未申告な損傷など、取引相手によってはいい加減な場合もあるので注意が必要でした。

 

輸入代行は依頼ありきなのでむしろ副業向け

運営:外車輸入代行はどれくくらい儲かるのでしょうか?また副業でもやれる範囲なのでしょうか?

Tさん:

副業の収入は外車販売店から依頼がある時だけなので変動はあります。定期的に仕事があるわけではないので、むしろ副業向けと言えるでしょう。

依頼のある自動車の種類によっても違いがあり、入手が難しく程度の良い車だと高く。大衆車のようにありふれた車だと安いという違いがあります。

儲けは平均で月に8万~多いときは20万ほどいく場合もあります。

労働時間は国内から主にアメリカの販売店との電話のやり取りが多いため時差がある関係上拘束時間が長いです。1日で多いときは5時間程は費やします。しかも時差のため、日本では深夜に仕事をする場合も多いので本業に影響のないように行っています。



 

工夫次第で本業との相乗効果も

運営:大変そうなお仕事ですが、何かお金以外で良かったことなどありますか?

Tさん:

副業をやって嬉しかったことは、自分が輸入した車が店頭に並び、お客さんがその車を買い喜びの声やブログなどに車と楽しそうな時間を過ごしている姿を見ると、うれしく感じます。

本業への影響も旅行関係の取材の際、アメリカでする副業ついでにアメリカのホテルや観光地(サンフランシスコやロサンゼルスなど)の取材やリサーチもできると一石二鳥に感じます。しかも交通費はクライアント負担の場合もあると「得」をしたなと思ってしまいます。

 

副業も時給換算して、効率のよいものをやる

運営:Tさんの中で副業ついての守るべきルールなどありました教えてください?

Tさん:

副業も様々な種類があるので一概には言えませんが、儲けが少ないのに時間が非常にかかる副業はおススメしません。

やるからには絶対にプラスにしなくてはならないので、時にその仕事を時給で換算して、本当にやる価値があるか考えましょう。

なるべく時間をかけないで、少なくてもよいからお金をいただける仕事を考えるのが副業のコツでもあります。