副業が軌道にのってきたので、本業を辞める前に必ずチェックすべきこと5

スポンサーリンク

このSideHustlersでインタビューされた人の中にも何人かすでにいらっしゃいますが、人によっては副業の方が本業より稼げている人もいるかと思います。(または、時間対効果が本葉よりずっと稼げる)

その中には、本業を辞めて副業一本に絞る事を決断する人も多くいます。形はそれぞれで、フリーランスで独立する方や、起業をしてしまう人もいます。

本業の様に、「会社」という組織をかえさない副業での収入は、うまくいけば本業より全然稼げます。そして時間的自由も手に入る可能性もあります。

しかし、それを理由に明日本業の勤務先に離職票を提出する前に、下記の5つは必ずチェックしましょう。会社は一度辞めてしまっては、そう簡単に後戻りは出来ないです。是非後悔しないためにも最低限のチェックし、慎重になることをオススメします。

[toc]

チェック1:自分だけの問題なのかよく考える

本業でサラリーマンやOLをしていて良いことは、ある程度安定的な収入が得られることです。しかし副業から独立・起業をすれば話は違ってきます。

将来の収入へある程度リスクが出来てきますので、今住宅ローンや小さなお子さんがいて将来まとまったお金が必要でないかを、よくシュミレーションしましょう。

特に一家の大黒柱となっている方は、その決断は自分一人ものではなくなるので、必ず家族と話し合いましょう。

 

チェック2:それが本当に自分のやりたい事なの考える

本業の仕事がつまらないから、儲からないからという理由だけで、副業一本にしていくことは危険です。

いくら副業から始まったフリーランスや起業で上司がいない環境でも、本業と同じようにビジネスをやっていく上で辛いことや厳しい局面も沢山あります。

そんな障害に出くわした時にも屈しないような、自身の本当にやりたい事であるかどうかを必ず今一度考えましょう。



 

チェック3:本業のお客さんや、今の会社の名前だけでないかチェックする

本業をやりながら副業をやられている方で、中には本業のお客さんから受注したり、今の会社の名前が有名なだけで、お客へ引き合いがある方もいるかと思います。

そういった方は本業を辞めたとたん、そのような関係もなくなるので危険です。

きちんと自分の商品やサービスが、それ自体の価値を評価してお客さんがお金を払ってくれているかどうかを確認しましょう。

 

チェック4:その業界や市場の将来性を調査する

今その副業がうまくいっていても、数年後や違う地域などでは全くうまくいかない可能性があります。

特に今話題のAIなどで、やってる仕事が取られてしまったり、大手が参入して市場をごっそりとっていってしまう可能性もあるでしょう。

きちんと独立や起業して食っていく業界や市場という池の大きさ・将来や、中の魚の数などを下調べしてから決断をすべきです。

 

チェック5:自身の100%をかける覚悟はあるか

最後に、サラリーマンやOLを辞めて、自分だけで食っていくには相当な努力が必要です。はじめの頃は、今までのように平日朝夕勤務で、土日は家でゴロゴロなんて生活は出来ないでしょう。

あなたはそれだけの覚悟があるでしょうか?

休日は年○○日絶対必要なんていっている方にはあまり本業を辞めて副業で独立・起業することはオススメ出来ません。

 

副業は起業へのステップアップともなりうる、しかし決断は慎重に

副業は、独立・起業への大きな助けとなることはあります。自身のアイディアに自信がなくとも本業で安定した収入を得ながら試せるので、かなり大胆な事や試行錯誤する事も出来るでしょう。

そしてうまく行った場合のリターンも大きいです。サラリーマンやOLを一生やっていては稼げないほどの収入や時間的余裕を一気に手にする事も可能です。

しかし、せっかく勤務している本業を辞めて副業へ全労力をシフトする場合は、意図しないリスクもあります。しっかり上記のチェックをして、慎重な決断をしましょう。