副業が当たり前の時代!?副業を成功させるシンプルな方法

スポンサーリンク

ブロガーやカフェ店員まで、最近ではサラリーマン・OLでも副業をして収入を増やすことや、時間的な自由を手に入れる話はよく聞くようになってきました。

面白いことに、そういった若者はフルタイムの本業と副業のダブルワークという働き方を好んでしているわけではありません。最近の調査によるとある程度の数の若者はパートタイムやフリーランスの掛け持ちをするなどした、より柔軟な働き事を望んでいることがわかりました。

FlexJobsという海外のフリーランスなどの仕事を紹介しているサイトを経営するSuttonによると、今の若者は1社に勤め上げるという考え方ではなく、パートタイムやフリーランス・副業などを組み合わせた、様々な働き方の選択肢があるということです。

今の世代の若者は、生まれたことからスマホや先進的なIT技術があったので、「仕事は1社でする」というような、今までの考え方が通用しない場合が多いです。

Monsterという海外の巨大求人サイトの調査では、今のパートやフリーランスの仕事は以前よりきちんとした報酬を得ることが出来て、またUberやLyft、またはWebデベロパーのように業務時間の自由度も高いものが増えてきているといいます。

このように正社員でずっと一社に勤め上げるという時代は変わろうとしている中で、フリーランスや副業などで経済的・時間的にも自由を手に入れるには、下記のポイントを最低限しっかりとおさえておくと、うまくいくでしょう。



 

自分の得意なこと・好きな事をする

副業やフリーランスをする時は、人よりちょっと得意なことや、やっていて楽しめる事をするとうまくいく場合が多いです。

もし手芸などが得意で、楽しんで出来ることでしたら、今では個人でも作ったものインターネットで販売することは簡単に出来てしまいます。

関連記事:趣味のアクセサリー作りが副業|キッカケは知らない人からのSNS「いいね!」

しかし、注意しなければならないのは、そういった趣味の延長線のような副業は安定的な収入を稼ぐことは難しいことです。そのためにも安定的な収入源は確保しておくべきでしょう。

 

副業・フリーランスでもしっかりとした目的をもつ

たとえ副業でもきちんと目的を持つべきです。

それが単に収入を増やすためだけのものであったら、きちんと副業やフリーランスへ投資した時間と時間対収入が見合っているか計算しましょう。もしかしたら、近くにのコンビニでアルバイトをしたほうが儲かってしまう可能性があります。

時間的な自由が必要なのであれば、在宅で出来るライター・デザイナーなどの仕事や、自分のスケジュールで進められるWebデベロパーなどの副業が良いかもしれません。

その場合も上記と同じで費用対効果をしっかりと計算しましょう。もしかしたらもうちょっと本業で仕事を頑張って昇進などしたほうが、将来的な金銭・時間的自由度が高まるかも知れません。

もしあなたがお金のためでなく、経験やスキルアップを目的としているのであれば、副業の業務内容も同じような業務内容で、チャレンジ出来る業界や職種にすると良いでしょう。その際は職務経歴書に書きたい事などをイメージするとよいです。

関連記事:月に土日4日だけで月収15万円ー副業から起業につなげる、週末副業コンサルタント

 

時間管理を徹底し、極める

最後に、副業やフリーランスをやっていく上で最も重要な事は、時間管理です。

本業をしているので、有効に使える時間は限られています。いかのにその時間を効率よく管理できるかが重要です。

また、副業やフリーランスの場合、本業と違って自分を管理してくれる会社や上司はいません。ふと気づいたらだらけれしまったり、逆に業務でパンパンになってしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、有効な時間管理術を身につける事は必ず必要になってきます。ダラダラ副業を初めてしまうことは大変危険です。

関連記事:本業が忙しくとも、副業の時間も確保できるシンプルな5つの時間管理術

 

さいごに

副業は、金銭的・時間的な自由を得られるだけでなく、新しい経験や、自分のスキルを高められるので、大変おすすめです。

今後も働き方はどんどんと変わっていき、1社に勤めることが少数派になってくる時代が必ずきます。

そのためにも上記の事に注意し、今からでも少しづつ始めていくことをおすすめします。

本サイトSideHusltersではそのような副業活動をしている人達に実際にインタービューを実施し、どのように副業をしているのかや、アドバイスなどを掲載しています。是非フォローお願いいたします。