自分の能力・スキルの市場価値を確認する為には、副業は最適な手段である理由

スポンサーリンク

本日は、32歳都内のIT会社でウェブマーケターとして勤務されているWさんの副業事情について色々詳しく教えてもらいました。

現在本業でも課長レベルの役職につかれ、バリバリと仕事をされているWさんいわく、副業の目的はお金ではないといいます。

本業で会社のウェブサイトへの集客や、UI/UX改善、アクセス解析、マーケティング分析、デザインのディレクションと幅広くやられているWさん。副業では主に中小規模のWeb関連会社のマーケティング顧問として、1クライアント1回のミーティングを持ちながら、クライアントのウェブマーケティングの問題解決、コンサルティング、目標進捗の管理などを土日にされているようです。

Wさんの副業事情について詳しくお話をお聞きしました。

[toc]

きっかけは本業をやめようとしていた転職活動の時

運営:ウェブマーケティングのコンサルティングを副業にされているという理解でよろしいでしょうか?なぜ副業をはじめられたのですか?

Wさん:

はい、その理解で正しいです。今の副業をはじめたきっかけは実は、今の会社をやめようと思っていてある企業へ面接に行ったのが始まりでした。笑

現在の本職の業務には特に不満はないのですが、役職上管理職となってしまい、結構実際に自分が手を動かしたり現場に出ることが減っていました。実際部下の管理に忙しく、本来自分がやりたかったウェブマーケティンをできなかったのが理由です。

それで転職活動をしている時、ある住宅系ベンチャー企業の社長さんと面接をしていたら、「弊社では今資金にあまり余裕がないので、週に数時間だけでも良いからアドバイスをいただけないか?報酬はその分ちゃんとお支払します。」と言われたのです。

自分も正直今の仕事を辞めるかどうかははっきり出来なかったのあり、また辞めなくても短時間ながら好きなウェブマーケティングが出来るのではないかと思い、その会社と週数時間の業務委託契約を結ぶ事にしました。それが私の副業の始まりです。

 

自分の経験・人脈は他人にとっては大きな価値となる

運営:具体的にはどのようなお仕事をされているんですか?

Wさん:

今は先程のような業務委託契約を数社と結んでおり、主に土日にそういった企業へミーティングにいきます。

私が主に担当しているのが、クライント会社のウェブマーケティングの指標数字の管理です。ECサイトだったらウェブ流入数や広告配信、ウェブメディアだったら日々のアクセス数や流入元、そしてそれからのコンバージョンなどの数字をいただき、その中で課題を見つけたり、改善方法の提案をすることです。

幸い私の本業が、ある程度大きなサイトを運営しているIT企業なので、あるコンバージョン率が高いか低いか、効率的な広告配信先はどこか、今のトレンドはどこにあるかなどを提案出来るのが私の強みですね。

クライアント様も、大きな費用をかけず、業界最先端の動向や、やり方を学べるので、私からできるだけ優良な情報・ノウハウを吸い取ってやろうという気でご面談されているかと思います笑

自分でいうのも何ですが、私のようなウェブ業界である程度歴を積んで、色々な経験をしてきた人材はその知識は貴重なんですよね。また、本業に支障が出ない範囲で適切な方の紹介などもしているので、クライアント様はその人脈もゲットできます。

報酬は、週一回のミーティングで10万円ほど頂いています。私の作業時間はミーティングの時間と、その会議に用意する資料作成時間などですね。



 

報酬はやりたかったことが出来る経験。新しい学びも。

運営:冒頭でお金の為に副業をしていないとおしゃっていましたが、どうゆうことですか?

Wさん:

クライアント様は私の知識や経験・人脈を手に入れている代わりに、私はウェブマーケティングの実作業と他の業界経験を得ています。

確かに、お金を頂いておりますが、ちょっと高額なお小遣い程度と思っておりまして、特に値上げなどはしません。もし払えないというお客様がいたら下げることも問題ないです。

その代わり私は先程言った、本業ではできなくなったウェブマーケの実経験をやらせてもらってます。

特に管理する部下もいないですし、本当に数字やCVRを見て自分であれこれ分析したり、ABテスト、PDCAを回したりと、本来自分がやりたい事が出来ていて本当に楽しいですね。

また、自分が経験してこなかった新しい業界や規模感の違う会社での経験も大変勉強になります。

 

副業する実力ない=自分に価値がない!?

運営:これから同じように副業を考えている人にメッセージなどございますか?

Wさん:

もし今の会社が副業許可しているのであれば、絶対に副業はするべきだと思います。

理由は3つ。まず、自社以外の業界や規模での業務は常に新しいことの発見が多く、自分自身に対しても必ずいい経験となります。毎日自分がスキルアップしていくことが実感できるでしょう。

第2に、自分の市場価値の確認が出来ます。あなたの会社にも、仕事は大したことないのに、長くいるだけで威張っている人っていませんか❔ああいう人こそ社外に出たら、ただの使えないおっさんです。その会社でしか威張れず、社外ではなんの価値もありません。会社が潰れたら路頭に迷うのは必須ですね。

そんな人にならないためにも、副業を介して自分の価値がどれくらい社外で価値があるのか確認しましょう。自分がお金が目的でないのに報酬を10万円いただいている理由がそこにあります。週一時間の私の価値は10万円です。今の私の市場価値がそれです。その価格を維持・上げる為にも、私も日々努力しなければなりません。

そして最後に、2つ目のちょっとかぶりますが、将来へのリスクヘッジとなります。

今の時代どんな大企業もスグに潰れてしまう可能性はあるでしょう。最近ニュースでもある電機メーカーが話題になっています。あの会社に新卒からずっと勤めていて、その会社のことしか知らない人はもし、リストラされたらどうするのでしょう。

そんなリスクに備えるためにも、今のうちから経験と収入の多角化はしておくべきです。

今や、副業は誰でも出来ます。

営業マンでも、事務でも、プログラマーでも、私のようなマーケターでも。

もし自分が「私にはそんなこと出来ない。そんな経験ない。」と思った方は相当危険です。それは自分で自分の価値がないと言っているようなものなのです。

自分の事をもっとよく知るためにも副業は有効な手段だと私は思います。