副業で社会貢献|自身の経験を活かし、「子育て相談所」を起業した45歳主婦

スポンサーリンク

本日は45歳共働きのご家庭で会社員・子育てをしながら副業をやられているというGさんにお話を聞きました。

Gさんの副業は、週末に子育て相談室という開いています。子育て相談室の主な内容は、中学生までのお子さんがいらっしゃるお母さんの悩みを聞くというものです。

[toc]

きっかけは友人の相談に乗った経験から

運営:どのようなきっかけで子育て相談室という副業を思いついたのですか?

Gさん:

私がこの副業を始めようと思ったキッカケは、友人に子供が産まれ、その時周りに相談出来る相手が居ないからと、私を頼ってくれたことからでした。

友人の住まいは私の家より少し離れていたため、Skypeなどを使い相談を聞いたりアドバイスをしていました。その時、友人がとても参考になるとか心の支えになったと言ってくれました。

そこで、私にも何か人の役に立つ仕事が出来るんじゃないかと思ったのです。

 

誰かに雇われるよりかは、自分でやってしまったほうが自由になれる

運営:いわばもう起業ですね。また、ご自身でも子育てとお仕事をやられている中で、時間的に大変ではないでしょうか?

Gさん:

私は普通の会社員であり主婦ですから、起業して何かを始めるなんて、とても考えられませんでした。

しかし、別のところで誰かに雇われるよりは、自分でやった方が時間を自由に決めれるしノルマなどもなくて楽なんじゃないかと思ったのです。

私の場合、土日や仕事が早めに終わり、夕食を作った後などの空き時間を利用することにしました。

相談方法は、電話やSkypeを使い、子育てについて悩んでいるお母さん達の話を聞いて相談に答えています。

Skypeの場合だとチャットでもいいので、子育てしながらや旦那さんが居て話せない人でも気軽に相談してもらえます。

価格は800円/時間でやっています。収入はかなり前後してしまいますが、だいたい月3万ほどあります。



 

副業を通して人に感謝される喜び

運営:副業を通して何か良かったことなどございましか?

Gさん:

この仕事、本当に誰かの役に立つことが身に染みてわかる職業なのです。

困っているお母さん方は誰かに悩みを聞いて欲しい、相談したいと常に思っています。

悩みを持つ若いお母さんにとって、主婦の先輩である私って、凄く頼り甲斐があるらしいのです。

ママ友に相談することもあるらしいのですが、あまり知り合い過ぎると言いたいことも言えない場合があるらしく、私のように赤の他人の方が相談しやすいみたいです。

「なんだかスッキリしました。ありがとうございます」とお礼を言われると、本当にやって良かったなと思います。

 

副業はお金だけではない。社会貢献というのも一つも目的となる

運営:素晴らしいお考えですね。これから副業をやろうとしている方にメッセージなどございますでしょうか?

Gさん:

これから副業される方は、自分の空いている時間を把握し、その中で自分に何が出来るか、社会貢献出来ることはないか探して見つけるのが大事じゃないかと思います。

人にはそれぞれ得意な分野があると思うので、それを使って副業してみてはどうでしょうか。