好きな事をして稼ぐ|26歳サラリーマン雑記ブロガーのDさんがアフィリエイトを選ぶ理由

スポンサーリンク

本日の副業インタビューは、26歳都内でサラリーマンをやりながら、雑記ブログを運営してアフィリエイトで稼いでいるDさんにお話をお聞きしました。

Dさんその他にも、ニッチなブログや物販アフィリエイトのサイトを数個運営しており、Dさんいわく「好きな事をして稼ぐにはアフィリエイトがオススメ」とのことです。

その発言の真意や理由などをお聞きしました。

[toc]

好きな事をするために副業を選ぶ

運営:色々サイトを運営されているようですが、どのような経緯で副業をはじめたのでしょうか?

Dさん:

私は24歳から副業としてアフィリエイトを始め、26歳現在まで継続して作業し続けているDです。アフィリエイトを始めた当初はブログにニッチなジャンルの物販アフィリエイトをしていましたが、ブームが去ったため現在は雑記ブログで展開しています。

アフィリエイトを開始した当初、私は正社員ではなくアルバイトに就いていました。

厳密にはバンドやDJといった音楽活動をする為のお金稼ぎだったのですが、もっと音楽に時間を費やしたい想いと、

自宅で簡単に行える作業での収入が欲しかった為、パソコンやスマートフォンでも運用管理が可能なアフィリエイトを選択しました。

大きな失敗などはありませんが、常に著作権などのリスクを考慮しながらサイトやブログを作成するよう心がけています。

 

アフィリエイトには情報収集が肝心

運営:ブログに乗せる商品やサービスの情報はどこから仕入れてるのですか?

Dさん:

現在は家電量販店のスタッフとして販売をしながらアフィリエイトに取り組んでおり、お店で学んだ知識を活かしています。

アフィリエイトにかけている時間は1日4時間ほどですが、記事やサイトの作成だけでなく情報収集もアフィリエイト作業の一環になります。

その為、情報収集は目の覚めている時間ほぼすべてが該当しています。

収入は季節やブームによって異なりますが、物販やサービスすべての報酬含めると、安定して毎月5万円前後は稼げるほどです。



 

ユーザーの為になる情報を提供するのがアフィリエイトの真髄

運営:アフィリエイトは昔からあったかと思うのですが、なぜ今ここでアフィリエイトなのですか?

Dさん:

かつてアフィリエイトは2chまとめブログなどの乱立によりユーザーから敬遠される稼ぎ方でしたが、現在はYouTubeなどの動画サイトでも当たり前のように広告で稼げる時代です。

私がアフィリエイトを始めた当初は、まだ広告に対するユーザーの嫌悪感が強く、やや罪悪感を持ちながら作業していました。

ですが、最近ではコンバージョンに結び付けるためにもユーザーの為になる情報を提供していればお金を得ても問題はないという販売に対するプロ意識が強くなりました。

 

アフィリエイトで成功させる為には、日々勉強が必要

運営:アフィリエイト副業はあまり多くの人が稼げないと聞きますが、何かコツなどあるのでしょうか?

Dさん:

アフィリエイトは最も手軽で誰にでも取り組みやすい作業ですが、毎日が勉強尽くしになります。

日々変動する検索エンジンやトレンドなど、目まぐるしい情報を上手くまとめるリテラシーが必要になります。

こういったスキルはアフィリエイト以外にも有効活用できるので、興味があれば勉強してみるのをオススメします。