副業で不労所得|太陽光発電・賃貸経営を副業で行うOさん

スポンサーリンク

55歳男性サラリーマンのOさんは、現在様々な副業をされています。驚くべきことはその全ての副業が不労所得を生み出す副業です。

具体的には、個人で産業用太陽光発電の経営を行い発電、その電気を電気会社に買い取っていもらってます。

そして他にも賃貸不動産でマンション1室を貸し出し、その他にも余った土地をバスの回転場として町から依頼を請けて貸しています。

そんな全く働かず、収益を生み出す不労所得を得るまで、どのような経緯があったのかをお聞きしました。

[toc]

失業したのをきっかけに副業を考え始めた

運営:様々な不労所得を生み出す副業をやられていらっしゃいますが、どのようにはじめられたのでしょうか?

Oさん:

マンションに関しては、実は自分が所有していたマンションの1室を貸出して、住宅ローンの返済の足しにしたいからという理由です。

また、そのころ失業していて固定収入がなかったのでとりあえず安いですが貸しはじめました。

産業用太陽光については将来の老後のためにはじめました。今までわたしは高血圧と胃潰瘍と糖尿病で仕事が出来ないために保険料が払えませんでした。

そこで、空いている宅地と雑種地を利用してやることにしました。

また、わたしの土地を町のためのバスの回転する場所として町に貸しています。うちの町にはバスが来ないのでバスにきてもらうことを条件として。

 

不労所得とはいえ、地道な作業は必要

運営:具体的にはどれぐらい稼げ得るものなのでしょうか?

Oさん:

まず、太陽光に関しては、月々10万円で家賃収入は月々5万円です。

あとバスの回転場ついては月々3200円程度でしょうか。

太陽光にかけている時間は主として雑種地に建てていることもあり草刈に毎月2時間程度で年間30時間程度でしょうか。

マンションの家賃にかけている時間はわたしの田舎からかなり遠いので毎月2回で6時間程度かけています。

バスの回転場に関しては毎週景観保持のために草刈をしているので毎月10時間です。



 

人のためにやったことが、結局は自分の為にもなる

運営:なにか困難な事や、嬉しかった事などはありましたでしょうか?

Oさん:

はじめは、バスの回転場の話が町から来たときは反対しました。

なぜならば賃料が余りにも安すぎたのと町に貸してしまうと自分の土地として融通が利かなるからです。

しかし、地元の年老いたおばあちゃんや、学校に行く人の子ども達を考えてみれば、コレは必要なことだと思い承諾しました。

いまでは本当に街の為になっているので、嬉しいです。

また、賃貸マンションについては、少しでも住宅ローンの返済のたてになっているので借りてくれた方に感謝しています。

太陽光については当面は支払などの資金はいりますが老後の生活保障ののためになるので役に経っています。

このような副業をやってみてわたしの専門の総務の仕事に知識が増えていい勉強になり会社のみんなも喜んでいます。

 

副業で儲かる秘訣は少額でコツコツと始めること

運営:長年副業をされているとの事ですが、何か副業継続の秘訣などございますでしょうか?

Oさん:

わたしは、自分がもうかるためというより勉強のためにやっています。

自分の今まで知らなかった知識も増えるし、それでもって家族や友人を救える場合もあるでしょう。

儲かるコツは、たとえ少額でもこつこつやることで成果があがります。

また、そこから信頼関係が出来て人間の幅も広がります。

いきなり世間でいう100万円儲かるとか50万円儲かるなんてのはなしにはのらないことてす。そこだけは注意してください。世の中に一攫千金などありません。