副業として、翻訳の仕事を始める方法3選

スポンサーリンク

翻訳はその専門性や、在宅で出来る仕事なので、副業として人気のお仕事です。上級者の中には副業でも月数十万円を稼いでる人もいます。副業として翻訳を始める為のオススメの方法を3つご紹介します。

[toc]

1.自分しかできないようなことを見つけて差別化を図る

翻訳で副業をしようと思っている方、その大半が、世界の共通語である英語でやろうと思っていませんか。

もちろん、需要もありますからそれでよいのですが、多くの英語翻訳者がいたら、何か特化しているものがないと、あなたを選んでもらえる確率は減ってしまいます。

なので、自分にしかできないような、もしくは少数の人しかできないようなことを見つけることが大事です。

例えば、あなたが英語圏の方と国際結婚をしています。それならば、今は、国際社会になっていて、英語圏だけでなく、それ以外の方との国際結婚をする日本人は多くなってきています。

ですから、「国際結婚に関する英語資料の翻訳ができます」だとか、「ついでに、私のリアルな体験談もお教えします」なんてやると、「あ、これはまさに私が知りたかったことだ」と思う人も増えてくるでしょうから、そういった自分にしかできないようなことを見つけ出してみましょう。

さらに、「TOEIC満点」などと、自分の自慢できる部分をアピールするのもおすすめです。

 

2.色々なクラウドソーシングサイトへ登録する

現在では、翻訳専門サイトだけではなく、クラウドソーシングサイトというのが、たくさんあります。

これは日本に限られたことではなく、世界にも存在します。もし、今現在あなたが在住している国で就労資格があるのであれば、海外のクラウドソーシングサイトにも、翻訳業で登録しましょう。

海外のクラウドソーシングサイトであれば、その言語から日本語への翻訳というオプションもありますし、その国が、英語圏ではなく、第二外国語圏であれば、そこから英語へ翻訳するというオプションも増えるので、とにかくあらゆるクラウドソーシングサイトへの登録をオススメします。

登録はほとんどすべてのサイトが無料となっていますので、登録して損はありません。

そして、重要なことですが、登録する際には、十分にあなたのできることをアピールしたプロフィールをのせるということを忘れないでくださいね。

▶日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」で翻訳の仕事をチェック

 

3.自分のSNSで自分の仕事をアピールし、シェアしてもらう

今や、SNSをやっていない人の方が少ないであろうという世の中です。

もし、あなたがSNSをやっていないのであれば、早速、インスタグラムやFacebook、Twitterなどに登録しましょう。

これらは、ビジネスにもよく使われているSNSで、米大統領選でもこれらがかなり活躍しました。

このSNSに、自分が翻訳をすることができるということをアピールし、自分が登録したクラウドソーシングサイトでの検索ネームなどを紹介しましょう。

そして、あなたのSNSにフォローや友達として登録している仲の良い友達などには、紹介ページをシェアしてもらうよう伝えれば、色々な人にあなたが翻訳をしていることをつたえることができます。そうしてもらえば、どんどんあなたの副業が広がっていくことになるでしょう。