いま副業・フリーで話題のビジネス成長集団「グロースハッカー」とは?

スポンサーリンク

近年自らを「グロースハッカー」と名乗り、副業やフリーで活動している人達が増えています。

彼ら(彼女)らは、特に今話題のベンチャー企業やスタートアップ企業の裏側で活躍しており、その業界では有名な方々も沢山います。

ではそんな「グロースハッカー」とは一体どういった人なのでしょうか?

[toc]

グロースハッカーとは?

「グロースハッカー」  この言葉を初めて聞く、もしくは聞いた事があっても意味を知らない人がほとんどでしょう。まずは、そんなグロースハッカーがどういう職業で、なぜ今必要とされているのかを解説していきたいと思います。

まずはグロースハッカーの定義を整理しましょう。…といきたいところですがこの言葉には明確な定義がありません。

それもそのはず、この言葉は2010年に生まれたばかりなのです。初めてグロースハッカーという言葉を使用したとされているショーン・エリス氏1のブログ記事には、

「グロースハッカーとは成長に重きを置いている人のことである。彼らは常に、成長の可能性を秘めた潜在効果を綿密に調べ上げている。…会社を成長させる際、マーケティングの副担当を雇用するよりもグロースハッカーを雇用するほうがより簡単であるだろう。私はエンジニアやセールスと言ったバックグランドを持つ優秀なグロースハッカーに出会ってきた。彼らの共通点は、「成長」や起業家のような発想に責任を持てるということです。…」

と記述されています。

日本語に訳すと少しわかりづらいですが、言い換えると「必ずしもエンジニアである必要はなく、数値やユーザーの声を分析し、ユーザーの数や質を向上させられる仕組みを作り上げることができる人物」であると言えるでしょう。

今まさに数多くの企業はそんなグロースハッカーたちを必要としています。

グロースハッカーはなぜ今になって必要とされているのか?

ITの進歩と社会の成熟

IT技術の進歩によって、ベンチャービジネスを行うコストが低減された事が理由の一つでしょう。ベンチャー企業、またはどの会社にも存在するベンチャー部門(新規ビジネスを企画する部署を指しています。)が求めるのは「成長」です。

ベンチャーは昔から「成長」を追求してきましたが、社会の成熟に伴い最近になってやっと、徹底的に新たな市場に参入できる環境が整いました。それがIT分野です。昔は黒字化していない事業は論外とされる時代であり、新規ビジネスへの参入ハードルは非常に高くなっていました。 他方、IT分野はまだまだ未開拓であり、誰もがより平等なフィールドで競争することができます。

加えて資金を整え、収益を獲得する手段も多様化してきました。すなわち今では、多少の赤字を伴っていても成長さえしていれば、将来性を有しているとみなされるのです。そうした中で、「成長」だけに振り切る人材、グロースハッカーが必要になってきました。



グロースハッカーの仕事とは?

たった数年で利用者が数億人に!?

それではそんなグロースハッカーの仕事を事例を交えて紹介しましょう。

皆様は、DropBoxというアプリケーションをご存知でしょうか。これはオンラインストレージサービスと言ってインターネット上に情報を保存する事ができる便利なサービスです。インターネットに繋がっていればどこからでもその情報にアクセスすることができます。

現在は登録ユーザー数5億人、ビジネス版導入企業も15万社を超え、さらに成長を続けるITベンチャー企業です。なぜDropboxはここまでの大成功を収めることができたのか、そこには大きく3つの理由があったと言われています。

  • ①シンプルなデザイン。

Dropboxの登録サイトは、非常に簡潔にまとめられており、図を交えた短い説明と登録ボタンしかありません。

  • ②手間の少ない登録。

登録画面では必要最低限の情報しか聞かれません。(これには私自身かなり驚きました。皆様も経験があるかもしれませんが、しばしば必要性がなさそうな住所や電話番号を聞いてくるサイトが数多くあるのです。。。)

  • ③SNSとの連携

Dropboxにはユーザが、その友人・知人に紹介できる仕組みを作りました。紹介制度によりユーザは利用可能な容量の増加をさせることができ、Dropbox側は利用者を増加させる事ができます。

ここでグロースハッカーたちの活躍を確認することができます。彼らはまずサービスをよりユーザー目線でシンプルなものにすることで利用者からの支持を受けました。さらに利用者が他の人にまでサービスを紹介できる仕組みを作り上げ、Dropboxというサービスを劇的に成長させたのです。

グロースハッカーに必要なスキル

IT分野での活躍から、グロースハッカーはエンジニアでなければならないとイメージされる方もいることでしょう。しかし上で述べたように必ずしもエンジニアである必要はありません。グロースハッカーに必要なものは

  • ①数値やユーザーの声を分析し

  • ②ユーザーの数や質を向上させられる仕組みを作り上げることができる

なのです。

ビッグデータという言葉を耳にする機会が増えました。

ビッグデータとは膨大な量の情報を指しているのではありません。「事業に有用に活用できる情報」、具体的には利用者の嗜好や傾向を指しています。

BtoCと呼ばれるC(custmer):お客様と直接のやり取りを行う事業形態の会社は数え切れません。またBtoBと呼ばれる企業間でのやり取りを行う企業もその先には必ず利用者が存在しています。

そんな中で利用者の傾向や嗜好が、少しでも分析できるとしたらどうなるでしょうか。他社とは圧倒的な強みが出せるのではないでしょうか。またそのスキルはエンジニアよりも直接コミュニケーションを取ることができるセールス側にあるとも感じられないでしょうか。

ただし全体的に見れば、エンジニアに分があることも間違いありません。彼らはマーケティングの知識さえ持っていれば、自らプログラミングを行うことで実証する事ができるのです。グロースハッカーとしてキャリアを歩むためには、開発などの経験は非常に有利であるといえます。

グロースハッカーになるには

ここまでグロースハッカーについての解説を行ってきましたが、実際にどのようになるのかイメージが湧きにくいと思います。

「グロースハッカー」という言葉はまだまだ社会に浸透していないので、職業として探すのは困難でしょう。

「グロースハッカー」になるためには社内の企画部門に配属されることが一番の近道です。会社という組織の中では、部署毎の役割ははっきりと区別されています。会社ごとに多少の違いはあるかもしれませんが、営業であれば営業、システムであればITの専門性を有する人材は配属されるでしょう。

「グロースハッカー」の仕事をメインとするのが企画部門の仕事です。企画部門ではユーザーの声から新たなビジネスを企画、発案することが求められます。その際、ただただ受け身でニースを汲み取るだけではなく、自分から主体的にニーズを掘り進めることで会社を成長に導けられる人物が真の「グロースハッカー」と言えるでしょう。

グロースハッカーの勤務体系/給与など

いわゆる海外のITベンチャー企業に務めるグロースハッカーたちは非常に高給であることが知られています。平均年収1000万を超えているとのデータも存在しています。

また彼らの多くは非常にフレキシブルに働いています。

というのも企画という職業にはルーティワークがほぼほぼ存在しないためです。

時にユーザーの声を聞き、時にシステムの知識を最大限に活かす。そんな柔軟な姿勢が必要とされます。

以上、ここまで「グロースハッカー」の全体像にフォーカスを当ててきました。海外のグロースハッカーたちは、小さいコストでも調査や機転によって多大な効果を生み出すことができることを実証してきました。今まさに日本の市場でも彼らのような人材が求められています。