副業農業の魅力:ビジネスとして農業のオススメ・やりかた・年収等

スポンサーリンク

会社に勤めながら、週末などを使い農業ビジネスを行う事を副業農業と言われています。

副業としてはかなり特殊な分野になりますが、通常では味わえない経験やビジネスが出来るのも副業農業の魅力です。

最近では手ぶらで農園まで行けて、サポート付きのシェア畑なるものも登場しました。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

私も無料体験行ってきまして、副業としての農業も魅力を強く感じました。

今回はそんな副業農業の魅力や、ノウハウ、やりかたなどをご紹介いたします。

副業農業のビジネスとしての魅力とは?

趣味などで家庭菜園を楽しむのは副業農業とは言えません。きちんとしたビジネスとして成立させるために、売上があることや、販売戦略の工夫などを行わなければなりません。週末などを使った副業ビジネスをしての農業にはどのような魅力があるのでしょうか?

収益が出て、将来スケールする可能性がある

内職などで小物を作成するよりかは、農業はビジネスとして将来大きくスケール出来る可能性を秘めています。

副業で成功体験を作れれば、さらなる投資を行いより大きな農地を手に入れることもでき、管理する人を雇うなどすればほぼ不労収入を手に入れることが出来ます。

事実現在日本の専業農家の平均年収(経営収支=売上—コスト)は633万円と、一般労働者より高めになっています。

イノベーションを起こしやすい

農業は古くから存在する産業であるのにもかかわらず、いまだ日本ではIT化が上手く進んでいない業界でもあります。
多くの農家は現在も勘と経験に基づいた生産管理を行い、農具なども数十年前とあまり大きく変わっておりません。

しかし海外などではアグリテック(Agri-Tech)とよばれる農業業界のIT化が進んでおり、ドローンによる農作物の管理・天候予測・間引きの最適化・IoTで品質管理などの最先端技術が進出しています。

いまだ伝統的な業界だからこそ、ITを適応した時のイノベーションやインパクトは大きいかと思われます。

何か業界に歴史を残すようなイノベーションを起こしたい、新しいテクノロジー開発や起業をしたいという方には副業農業ビジネスはオススメな業界でもあります。

非現実を味わえる・自給自足生活も可能

農業は会社のオフィスなどでの労働とは全く違います。大自然の中実際に体を使いながら農作物や土を触る体験は、お金を払ってでもやりたい人がいるほど貴重で新鮮なものです。

平日は会社で働きながら、週末にそういったリフレッシュとしても副業農業は最適です。

また、上手く行けば自給自足生活で、自分のこだわりの野菜を作ったり、知人に提供したりする楽しみもあります。



副業で農業は可能なのか?

週末2日だけしか働けなくとも副業農業は可能です。

もちろん1週間に一回ぐらいしか手入れを必要としない作物に限定されますが、ビニール栽培などを使って管理することは可能です。

また、農地も購入せずとも、下記にご紹介しますが農地のレンタルサービスもなども整っているので、初期投資もごく少額からでもスタートすることが可能です。

副業農業をはじめる準備

副業農業を始めるには当たり前ですがまず農地が必要です。家の庭で出来るような家庭菜園でビジネス化するのは難しいので、きちんとした農地を用意しましょう。

現在は簡単には農地を購入することは難しいので、レンタル農地が副業農業には最適です。

農地をレンタルしてくれるサービスは下記のようなものがあり、場所や特徴、金額などで自分にあったところで契約しましょう。

無農薬野菜を栽培するなら貸し農園の「シェア畑」

首都圏を主に、地図を見ながらレンタル農園を探せます。無料体験なども出来るもの嬉しいです。月額利用料金は約5,600円〜です。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】※無料体験可能!

リラク菜園

神奈川県を中心としたレンタル農園プラットフォームです。実際の農家参加の農園もレンタルすることが出来ます。料金は約19,000〜28,000円 / 年です。

リラク菜園

レンタルファーム つくしんぼ

千葉県にあるレンタル農園です。週末農業の為の制度がととのっており、サポート充実です。月額5,000円からで、1区間11坪を、指導・水道代込で利用できます。

つくしんぼ

副業農業を始める前に確認しておくべき事

副業農業を始める前にはいきなり広大な農地を契約する事は避け、まずは小さな農業の体験をして本当に出来るのか、どれだけ自分にあっているのかなどを確かめましょう。

また、様々な農業体験を出来るサービスもあるので、そういった所活用し、農業のノウハウや技術を積み上げていくべきです。本などもよく読んで勉強もしておきましょう。

農業を体験できるサービスは下記のようなものがあります。

農業実践教室

農業実践教室

NPO農業支援センター

NPO法人農業支援センター

全国農業体験農園協会

全国農業体験農園協会

その他リスト

農業体験受入れ施設一覧リスト(関東農政局)

副業農業の醍醐味:販売戦略を考える

ビジネスとして行う副業農業の醍醐味は、農作物を生産することだけではなく、どう作った農作物を販売するかにもあります。
事実ここが副業農業の一番たいへんなとこで、同時に一番ビジネスとしてセンスが光るところではないでしょうか?

JAや地元の農協などでは取り扱ってもらえないことや、取り扱ってもらったとしても利益を取られ薄利になってしまう可能性があります。

かといって道で行商というわけにも副業では難しいので、販路の開発と工夫は必須です。

ここにこそ、IT化が進んでない農業を逆手にとり、ネットでの販売・マーケティング、体験ブログなどを使った認知、他の健康商品とのタイアップや独自のブランディングなども考えられます。

また、個人経営のパン屋やカフェなどにおいてもらうことや、または材料としてレストランなどに卸すのも考えられるでしょう。

販路の開発はビジネスの力の試しどころです。

週末農業の戦略戦略

莫大な農地と資本を持つ専業農家には、同じような物を作って勝負しても勝ち目はありません。だからといって誰もしらないような希少な野菜などを作っても売れる可能性は少ないかと思われます。

週末農業家が、作った作物を上手く販売していくためにはカスタマーのニーズを知るマーケティング・リサーチは必須です。現在どのようなニーズがあり、どのような傾向にあるかなどをよく調べましょう。

最近では農作物の裏側にある「ストーリー」を上手く交えて販売している農作物などもあります。また、無農薬野菜などの人気もあります。

更には、そんな無農薬の野菜を使った流行りのスムージーや、ジャムなどにも応用は効きます。

週末農業からの発展の可能性

週末農業が上手く行ったら、更に大きな農園を作ってビジネスをスケールする事も可能ですが、別のビジネスへピボットすることも可能です。

例えば、自身の経験を活かして農園を使った体験サービスを企画してみることや、学校や会社の研修に提供すること、他商品とコラボした商品開発や新品種の開発など可能性は無限大です。

副業農業におすすめの作物

基本的に週末にしか管理できない副業農業ですが、経験者によるおすすめの品目をご紹介します。12

みょうが

単価が高く、そこまで手がかがらないのが魅力です。

タラの芽

大変高価で、栽培も大きな手間がかかりません。

自然薯

こちらは高価ですが、管理が難しいとの事です。

山ぶき

単価も高く、どこでも栽培できる手のかからない品目です。

にんにく

自分でも使え、管理も簡単です。

アスパラガス

単価も高めで、特に管理をしなくとも自然と育ってくれます。しかし時間がかかるというデメリットもあります。

ズッキーニ

単価が高いわりに育て方も比較的に容易です。

ビーツ

販促戦略さえしっかりしておけば、手があまりかからないオススメな作物です。

単価はそこまで高くないですが、簡単で、自分でもつかえ、保存も聞きます。

副業農家は実際どれくらい儲かるのか?

さいごに副業農家は実際どれくらい儲かるものなのでしょうか?

農林中金総合研究所の調査によると、副業的農家の平均年収は416万円とありますが、この殆どは年金などが占めており、実質農業所得は32万円とあります。3

他にも、トマトやナスを育てている週末副業農家の想定年収(売上—経費)は113万円〜273万円とありかなりばらつきがありそうです。4

育てる作物や、販売方法、管理する農地の広さによって年収にはかなり上下があり、一概にいくらとは副業農業の収入を決めることは難しいかと思われます。

さいごに

副業農家は毎日会社などでオフィスワークをしている人にとってはかなり特殊な副業なのではないでしょうか?

しかし逆にそれがリフレッシュになることや、伝統的な産業だからこそ、新しいビジネスの発展、イノベーションとなる面白さも同時にあります。

もし、副業で農業に興味ある方は、まず体験農業などを通して自分にあっているか確認して、興味が持てたら挑戦してみてはいかがでしょうか?

最近は元外資系財務アナリストやITベンチャーが進出している農業は、新しいビジネススキルを身につける副業としても今熱い業界であることは確かです。

手ぶらで行けて、サポート付きのシェア畑

是非副業で農業を試してみたい!という方には、実際に農園に行ってみることをおすすめします。

下記のシェア畑さんでは無料体験も行っているので、土日に家族で参加などもでき、お子さんがいる方には大変喜ばれるでしょう。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】



シェア畑さんは利用者20,000人を突破し、農園利用者数全国1位の一番人気の農園共有です。

手ぶらで参加ができ、現地でプロのサポートも受けられるので安心です。

対象エリアも東京・神奈川・千葉・埼玉・関西圏と大都市は網羅。

無料見学会も行っているので、ご興味ある方は是非!

推薦図書

本格的な農業を始めるのではなく、まずは空き時間にお小遣い程度に家庭菜園のちょっと上のレベルを目指したい、という方にはオススメの週末農業副業オススメ書籍です。