【副業体験談】本業と副業の両立で、月10万円を稼げるようになるまでやった具体的方法

スポンサーリンク

現在本業は飲食業界ですが、もともとアパレルからの転職組です。比較的自由な職場で副業には寛容に理解してくれてますので、空いた時間を利用してフリーランスとしても別の仕事をやれるようになりました。稼げればいいと割り切って、本業と副業の比重は臨機応変にして行きたいと思っています。

今回はそんな副業初心者の私でも、月10万円ほど副業で稼げるようになった経緯をお話できればと思っております。

現在の副業「フリヤ」とは?

今の副業はアパレルの生産企画、昔から業界ではフリヤと言ってますが、つまりはブランドなんかの生産を請け負うのがメインの仕事です。大手か個人かは特に区別なくフリヤは仕事になりますが、大事なのは工場や加工場の背景を持っていることです。

本来は企業内に生産部隊を持っていたものですが、年々外部への発注でまかなうところが増えていますね。要は人件費などの問題だと思いますが、便利に使えるフリヤの存在は企業にとっても案外無視できないものなのでしょう。

具体的には取引先のデザイナーや生産管理の担当から依頼が来ます。

作るアイテムによって私が付き合う工場さんを選んで仕事を頼む手順です。付属して材料の手配、生地やファスナーなどです。その他プリント工場や洗いなどの二次加工、デニム関連などはそういった加工場を使います。

アイテムが出来上がるまでの面倒なことと納期の管理がフリヤに任される理由ですね。ブランドや企業からすれば時間がかかることをお金で解決するためにフリヤはいます。

アパレル業界のフリーランスの経験を副業に活かす

かつてアパレルにいて一時期フリーランスでやっていたことがありました。

仕事が減って事実上一旦廃業したのですが、その後転職して生活が安定して来た頃にかつての仲間から誘いがありました。彼らはオーナーデザイナーで小さいながらブランドを展開しています。ただいつもスタッフが安定して揃うわけでもないので、どうしても一部外注に頼らざるを得ません。生産管理が難しいのでと私に依頼が来たわけです。

再度アパレルに関わるつもりはありませんでしたが、要望があって少しは収入が見込めたので依頼を受けることにしました。

私の場合彼らと得意分野が違うと言うのもあって、彼らからすれば苦手な分野を補いたいとの気持ちもあるようです。



安定して月平均10万円の利益

決まった額が契約できる人もいて大きく商売になる仕事でもあるのですが、基本は手数料契約みたいなものです。

知っている仲間の仕事をメインにしてますから手数料は安めの10パーセント強といった感じ、それぐらいなら文句は言われないというレベルですね。アパレルは時期によって動くアイテム数や金額が大きく異なりますので、一月平均にならして考えると取り分は10万円ぐらいでしょう。

ただ先行して支払いが発生するので自己資金がないとお金が回りません。そこで納品はキャッシュオンデリバリーの形にしてもらっています。そのうちに月締めの翌末払いにはできそうですが。

たまに彼ら以外に大手の発注もあったりするとボーナス感覚で収入に繋がりますが、さすがにキャッシュオンというわけにいかないことが多いので断らざるを得ない時はちょっと勿体無いですね。

本業との時間的両立が成功のカギ

もともとやっていた仕事ですから戸惑うことはあまりないですが、やはり本業との両立は大変です。時間をうまくやりくりしないとどちらにも迷惑を掛けますから、慎重に時間割を考える必要がありますね。

いい点はやはり収入が増えること、それ以外はストレスばかりです。

もちろん自由な時間が減るのもありますが、もっときついのは納期までの管理です。アパレルの生産背景は結構時間にルーズな感覚の人が多くて、納期をしっかり守ってくれることは極めて稀です。平気で一週間遅れるなんてザラですし、事前に言ってくれないこともよくあること、どんなに長くやっていても慣れないものですね。

ただ結果的に無事に納品が出来て、反響が良くてリピートがもらえたりするとやはり嬉しくは思います。逆に油断していると不良品が出たりすることもありますから安心はできませんが。

自身が思っている以上副業で自分が出来ることはある

フリーランスや副業でやる仕事って思っている以上にたくさんあるものです。

私が知ってるのも限られたアパレルの仕事かグラフィック関連ぐらい、でもせっかく能力があったり経験があるなら時間が許す限り活かしたいと思うのです。

ただ本業がある場合はやはり一言断りを入れてからやる方が、気が楽ですね。理解がある職場かどうかは案外大事な気がします。

またどんなに疲れても本業に迷惑にならないように調整できる副業を選ぶべきだと思います。

実際二つ以上の仕事を掛け持つのは想像以上に疲労がたまります。その分稼げるからイーブンなわけですが、それで体を壊してしまったら元も子もないですしね。やる以上は本業も副業も仕事であるのには変わりないですし、いずれどちらが身を助けるかなんてわからないかもしれません。

せっかくやる機会があるなら、どちらもいい勉強だと思ってやるべきだと私は思います。