草野球の審判バイト!土日に副業|時給5,000円で弁当・交通費付きらしい

スポンサーリンク

スポーツが大好きで副業をやりたいという方に必見です。

大会や試合を行う上で審判は無くてはならない存在です。その審判を行う副業があるのはご存知でしょうか。そして特に草野球の審判バイトが狙い目です。

審判とイメージすると、公認資格が必要だったり何回か講習を受ける事が必要だったり、一般人の方では遠い存在と感じる方も少なくないと思います。実際、そういった資格を必要とされる審判も存在しますが、中には資格がなくても十分行えるものも存在します。

そこで今回は、サラリーマンでも働くことができる、審判の副業についてご紹介したいと思います。

競技人口が多い草野球では審判バイト不足!?

審判の需要が高いスポーツには、競技人口の多いスポーツとして人気の草野球、サッカー、フットサルがあります。

特にフットサルは、サッカーに比べてフィールドが狭く、参加人数が少なく済む事や、さらには女性の方でも気軽に参加できる事から、競技人口は増加しています。

草野球は根強い競技人口が多く、安定した審判バイトの需要があります。

そして仕事の内容は、草野球、サッカーやフットサル大会などのスポーツイベントで審判員をする事です。

特に野球やサッカーやフットサル経験者の方にはおすすめな副業です。次に野球の審判員です。近年、草野球チームが多く存在しており、各地で様々な大会が開催されています。反面、審判員の多くは高齢化が進んでおり需要は高いといえます。

また、アマチュアの草野球大会では7回制がほとんどですので、1試合当たりの時間は1時間30分から長くても2時間程度です。なお、草野球、サッカーやフットサルの審判は時給制が多く、アマチュア野球の審判では1試合もしくは日当制となる場合がほとんどです。

休みの土日を活用できるのが草野球審判バイトのいいところ

土日が休みというサラリーマンの方は多いと思います。サッカーやフットサル、アマチュア野球のイベントはそのほとんどが土日に開催されていますので休日を有効に活用する事ができます。

また、スポーツが得意なサラリーマンの方であれば、その特技を活かした仕事になるため、余計なストレスを抱える事もなく、逆に気分転換にもなるためにおすすめです。また、審判には特に必要な資格は不要でルールを理解していれば誰でも行えるといった敷居が低い事も特徴です。

さらには、他のアルバイトに比べて時給がいい事や単発での仕事が可能な事など比較的時間の自由度が高い事もおすすめできるポイントになります。

また、スポーツを通じて新たな人脈形成に繋げる事も可能となり、それが本業にも優位に働く事もあり得ます。



副業審判バイトの相場は時給1,000円〜5,000円+弁当付きと、とピンきり

サッカーやフットサル審判での時給は、平均的に1,000円から1,200円程度が相場となります。
また、回数を重ねて経験を積む事で統括ディレクターともなると時給1,500円から2,000円は貰えます。

フットサル審判員の資格がなくても行う事ができますが、資格があればJFAの公式大会などでも審判を行う事ができますので時給は上がります。

なお、資格を取得する為には講習会を受けた後、筆記試験と実技指導をクリアしなければいけませんが、フットサル経験者であればぞれほど難しいものではありません。

また、アマチュア野球の審判では、1日あたり3,000円から5,000円程度と別途交通費と弁当代が支給されます。

決して高い金額ではありませんが、1試合は1時間30分程度と時間が短く、1日1試合または2試合で終わる場合もありますので、一概に安いともいえません。

なお、こちらも定期的に開催される審判講習会に参加するなど経験を積む事で日当は上がる事が多いです。

草野球心配バイト情報収集はネットと人脈を駆使

これらの審判は、需要が多くて審判の人数が少ない為に年間を通じて依頼数は多いと思います。

また、副業として始めるには、それ程ハードルは高くないですし、何よりも好きなことをしながら稼げるという点において魅力があります。

一方、こういった求人は一般の求人情報などには中々掲載されていませんのです、見つけるに難しさがあります。

最近では、サッカーやフットサルでは、審判員を募集している専門のサイトなども多数見かける様になりました。しかしアマチュア野球においては、ネット上での情報も非常に少なく、中々見つける事は難しいといえます。さらには、審判の仕事は定期的にあるという保障はありませんので、その辺りも検討しておく事が必要となります。 

副業審判バイト募集の見つけ方

サッカーやフットサルの審判員の募集を見つけるには、インターネット上で検索するのが手っ取り早いです。

年間を通じて多くの大会が開催されており、その大会を運営する事業者自らが審判員を募集すているケースは多いからです。

その他にもフットサル競技場などで募集していないか確認してみるのもおすすめです。

一方、アマチュア野球の審判の場合は、各連盟のホームページなどを調べて審判員の募集を行っていないかこまめに確認または、問い合わせしてみる事をおすすめします。

もしくは、プレーをしている方であれば日頃お世話になっている審判の方に聞いてみるのもありだと思います。いずれにしても、スポーツを楽しむ人口は増加しており審判員に対する需要はますます増えていくことが想定できますので、検討してみてはいかがでしょうか。