空き時間や趣味などの知識を活用できる副業:ライティング

スポンサーリンク

サラリーマンがすぐに取り組める副業として、ライティングがおすすめです。

この副業の主な内容はブログやホームページ等の記事を代行して作成する仕事です。

インターネットが繋がってさえすれば時間や場所の制約が少なくてできる点が特徴です。

なぜライティングの副業は活発なのか?

最近、ブログやホームページで色々な情報が掲載されるようになってきました。

ブログに商品やサービスを紹介するアフィリエイトや専用のホームページで商品説明を行いながら、ネット通販を行うネットショッピングなどまで、これ等の宣伝は、全て記事に頼っています。

記事の内容の出来栄えで、ビジネスの成否が大きく左右されるのですが、これらの記事をブログ・サイト運営者が自分1人で書こうとすると、時間的にも制約と限界があります。そのために代行して記事を書く仕事がライティングです。

書くテーマも多岐に渡っており、健康・美容・グルメ・旅行から芸能や時事情報と幅広いテーマがあり、その中から自分の得意とするテーマを選択して記事を書くことになります。

また、一定の実績と経験を積んできたら、直接、記事作成を依頼してくれるクライアントが出てきて、固定的な収入のベースを作ることも可能です。

ライティングの副業がサラリーマンにおすすめ理由

ライティングは、専用サイト上で記事を書いて納品するクラウド形式の仕事です。

インターネットが繋がっていればできる仕事なので、ノートパソコンだけでなくスマートフォンでも、記事を書くことができます。したがって、ライティングをするには場所や時間の制約が少なく、通勤電車や出社前の朝活時間でカフェ等で記事を書くことができます。

また、営業をされているサラリーマンでも、外回りの最中の移動時間、空き時間も有効に活用することができます。サラリーマンがちょっとした空き時間を有効利用できる仕事です。

また、文章を書くことに慣れていることもメリットです。

本業で培った文章作成能力や知識もライティングに活かすことができますし、記事テーマが本業に近い内容であれば、なおさら記事を、時間的書きやすくなっていきます。



ライティング副業で5〜8万円が可能

ライティングの収入は、月5万円〜8万円程度というレベルです。
記事の単価が100円〜2,000円程度で、文字数も500文字〜2000文字程度の規模になります。

記事できるだけ多く書くことが収入増に反映されることは言うまでもありませんが、できるだけ単価の高い記事を短時間に書き上げるかが、ポイントになってきます。

100円でも10分で完了する記事もあれば、2000文字を2時間近くかけて書く場合もなりますので、スピーディーに書くことができるテーマを選ぶことも、収入を増やすテクニックになってきます。

ライティング副業ですることのメリットとデメリット

メリットはちょっとした空き時間を使い、稼ぐことができる点と、他の副業と比べて短期間の内に、確実な収入増が見込めることです。
また、自分の得意とする専門的な知識や趣味を記事のテーマとして書くことができるケースモあることもメリットと言えます。

反面、月に数十万円もの大きな収入を見込むことが難しい点がデメリットと言えるでしょう。

ライティングで月10万円を超えるためには、固定のクライアントを持つことと、空き時間だけライティングを行うのでなく、休日や帰宅後に、一定の時間を確保して取り組む必要があります。

しかし、副業としてどの程度の収入を見込むかにより、力の入れ具合も変わってきますが、限られた時間の活用に限定すると、魅力ある副業です。

副業でライティングを始めるためには

ライティングを始めるには、まずクラウドソーシングで、記事代行作成やライティングを運営しているサイトに会員登録をします。
登録後、すぐに記事が書けるようになりますが、まずは1日1記事を書くことから始めます。

慣れることから始めて、初月は月5,000円の収入を稼ぐことを目指します。
そして、慣れてくると自分の得意なテーマだけでなく、得意テーマを増やして行きます。

慣れないテーマを手がけようとすると、初めは1記事書くにも時間がかかりますが、そのテーマの知識が自分の知識として蓄積されていくので、関連したテーマを書く時に応用させることができます。

このようなパターンをくり返すことで、得意テーマの幅が広がってきますし、書くスピード速くなります。
そして、固定のクライアントを数人作れるようになりますので、ここまで来ると、月8万円の収入は実現できるようになります。