海外で今話題の副業リスト6選

スポンサーリンク

日本ではやっと最近になって政府や企業の副業への取り組みが話題になっていますが、海外では副業は日本より一般的なものです。

このサイトのタイトルでもある「Side Hustle」という単語で、大学生から若手会社員、有名企業のベテラン社員まで、会社だけでなく個人の力で稼ぎを得ている人達も沢山います。

今回はそんな副業(Side Hustle:サイドハッスル)が活発な海外で、今話題の副業をご紹介します。

1.中小企業のSNS運営代行

近年ビジネスにおけるSNSの影響は無視できないものになってきました。FacebookからTwitter、インスタグラムまで、人の口コミ効果を利用したマーケティングは扱う商品やサービスによっては重要な販売チャネルです。

しかし多くの中小企業ではそういったSNSの活用が進んでいなかったり、またはSNSを運営する知識や時間が限られている場合があります。

そこで海外で流行り始めているのがそういった企業に変わって企業のSNSを運営する「SNS運営代行」の副業です。

主な業務内容なクライアントのサービスや商品をよく理解した上で、的確なターゲティングをし、適切なSNSを駆使してマーケティングを行っていきます。

例えばTwitterなどのつぶやきを、どのような文章で、いつ、どれくらい、どんな写真を使って行うかを提案し、実際に運用していきます。

場合によっては広告出稿・運営を代行するパターンも多いです。

報酬は業界によってピンきりですが、広告運営代行などでは広告費の20~30%を手数料としてもらう手数料制の場合が多いです。

基本的に数回の打ち合わせ後に、場所は問わず運営出来るので、SNSの使い方や、使っている層などを熟知している方は是非挑戦してみる価値がある副業でしょう。

2.Skypeを使ったオンライン授業

今やSkypeなどのインターネットビデオ電話はほとんどコストがかからないものなってきました。そうした状況なので、特に場所を移動しなくとも家のパソコンから世界中どこでも人と会話出来ることが可能です。

自身の得意な事や、趣味、または母国語などを、習得しようとしている人に向けて、Skypeを通じて授業を行うことはすぐにはじめられます。

そういったプラットフォームなども整っており、こちらも場所を選ばずどこからでも副業を行うことが出来ます。

特に日本語などは、世界的にも需要がある言語で、学びたい人は無数にいます。

時差もあるので、平日の夜や休日の朝などに日本語のチューターにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

逆に海外に在住している方の中には現地の情報や、言語を日本人向けに発信して副業を行っている方もいらっしゃいます。

関連記事:副業として、翻訳の仕事を始める方法3選

3.パーソナルシェフ

海外でも日本と同じように夫婦の共働きは増えてきています。そんな二人共が仕事で忙しい時に、毎回外食をしていたのでは栄養的にも、金銭的にも良いとは言えません。そんな人達に変わって食事を作ってあげるのが、パーソナルシェフです。

パーソナルシェフと聞くと、有名人や著名人のお抱えの料理人というイメージですが、海外ではごく一般的な家庭への料理代行のサービスを展開している方々がいます。

最近日本でも増えてきた家事代行サービスの波と一緒に、料理代行のサービスも日本で流行りそうです。

4.ペットシッター

平日の公園などを歩いている人はすでに見かけているのではないでしょうか?沢山のペットを連れて散歩をしているペットシッターを。

ペットが多い海外ではごくごく一般的なペットシッターですが、最近日本でも多く見かけるようになってきました。

ペットが好きな方、飼っていいた経験がある方、専門的な資格がある方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

中には副業として月8万円を稼いでいるペットシッターさんもいらっしゃいます。

関連記事:動物大好きさん必見!副業でペットシッター月8万円

5.買い物代行サービス

ネット販売は急速に拡大しているとしても、未だにその場や現地でしか買えないものは沢山あります。

また、どんなものを買ったほうがいいか迷う人も多いのも事実です。

その土地にしかないモノや、ファッションなどの買い物センスが問われるものはその分野に精通している人の買ってもらうのが一番です。

お住いの地の利を活かした、地域限定品の買い物代行などは場所・時間を選ばず出来るので副業としてはおすすめです。

関連記事:地元の地理の利を活かした副業「買い物代行」で月3〜5万円|北海道の特産物を全国に配送

6.履歴書・職務経歴書作成代行

はじめて転職する時や、就職する時は職務経歴書の書き方や自己PRの書き方などでかなり苦労したのではないでしょうか❔

そんな転職者や就職者の為に、職務経歴書や自己PRのよい書き方を教えて実勢に書いてくれる副業が海外では人気です。

特に転職経験がある人は、その業界や職種に精通している人の意見は大変参考になり、貴重な場合が多いです。

たった数枚の紙の書き方で、今後数年の人生が左右されると思うと、大変重要があり、意義ある副業です。

最近では海外のLinkedinやソーシャルリクルーティングのWantedlyなど、個人が自身の職歴や仕事内容を公開して、企業側からアプローチするという採用方式を撮っている企業が多くなりました。

きちんとした職務経歴書やプロフィールを持っている事の価値は上がり、その書き方レクチャーする人の需要は今後高まっていくでしょう。